虫歯治療

虫歯治療

患者様の仕上がりイメージにできるだけ近づけるために

当クリニックでは、患者様の健康的な歯を守り、ダメージを最小限に抑えることができるよう、できるだけ歯を削らない、そして抜かない虫歯治療を心掛けています。
しかし勿論の事、虫歯の進行状態や症状の悪さによっては削らなければならない、抜かなければならないこともございます。その際は患者様に治療方法をしっかりと説明し、どのような仕上がりにしたいかをご相談したうえで治療を行って参ります。
虫歯の不安を取り除き、安心の生活を送ってもらえるよう、ドクター・スタッフ一同患者様をサポートしていきます。

 

虫歯は放っておくとどんどんと進行してしまうため、早期発見・早期治療が重要です。
現在虫歯にお悩みの方は虫歯を今以上に進行させないためにも、できるだけ早く歯科受診することをおすすめ致します。
では、次の項目にて虫歯の進行に関してご紹介します。

虫歯の進行

  

虫歯は一度できてしまうと、どんどん悪化していきます。
進行の状態によって治療も異なり、進めば進む程歯を失うリスクは高くなっていきます。

虫歯の症状と治療方法
歯の状態 段階・症状 治療方法
虫歯のはじまり

C0

まだ歯に穴は空いていません。
痛みもありません。セルフケアで改善が可能です。しかし、このまま放っておくと、
虫歯はどんどん進行します。

フッ素コーティングで再石灰化を促進させ削らずに治るよう様子を見ます。
ブラッシング指導も行い、今後の虫歯の悪化を防ぎます。

エナメル質 虫歯

C1

痛みはありませんが、歯に穴が空いたり
黒ずみが目立つようになってきます。
歯の表面のエナメル質まで進行している
状態です。

まずは虫歯になってしまった部分を削り取ります。
C1の場合、削る部分は最小限です。
削った部分につめものをします。

象牙質

C2

虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで進行している状態です。
冷たいもの、甘いもの等がときどき歯にしみるようになってしまいます。

虫歯になってしまった部分を完全に取り除き、つめもの、又は被せものをします。

虫歯のはじまり

C3

虫歯が歯の神経にまで進んでしまった状態です。
歯がずきずきと痛みます。冷たいものはさらにしみるようになります。

虫歯が神経にまで到達しているので、歯の根の治療を行います。その後土台を立て、被せものをします。

虫歯のはじまり

C4

歯全体が虫歯に浸食されてしまい、歯が根だけになってしまう状態です。
さらに歯の根に膿ができると強烈な痛みが伴います。

歯が残せる状態であれば被せものをする方向で治療しますが、残せない場合抜歯することになります。

虫歯治療には段階に合わせた様々な治療方法があります。
まずは1度ご相談頂き、一緒にどんな治療を行うか考えていきましょう。

つめものや被せものが必要な患者様・歯を抜く事になった患者様へ

  

当クリニックでは、患者様の仕上がりイメージに近づけるために、患者様のご希望や生活スタイルに合わせた最適な治療、素材をご用意しております。

お気軽にお問い合わせください
直接担当医に言いにくい事、ご意見・ご要望、また、お口に関するご質問が
ございましたら、その他お問い合わせのメールフォームよりご送信ください。